三菱UFJ銀行の法人口座一発開設!

2019年11月19日

メガバンクの法人口座はハードルが高い!

きくおは小さいですが法人の会社を持っていて、今回帰国した際にメガバンクの法人口座を新規開設したいと思っておりました。
通常会社が法人成りすると生活経費と会社経費を分ける為に法人口座を開く必要があります。
ただ、個人で開く講座と比べて法人口座はハードルが高く、メガバンクになるとそのハードルはさらに高くなります。
またメガバンクの口座開設前には銀行担当者との面談もあるので気合をいれる必要があります。

ネットで調べてみるとメガバングの法人口座開設に挑戦したものの、口座開設を断られた記事がいくつも出てきます。(そこそこ有名なYoutuberの方も断られたそうです)
それでまだ新しい会社や売り上げが少ない会社は、まずメガバンクに比べて審査がゆるいネットバンキングの法人口座が作って実績を作ってからメガバングの法人口座に挑戦する事を勧めていました。

でもせっかく法人口座をつくるならネットバンキングより、メガバンクですよね。
今回、法人化して5カ月、社員は私と妻のみの小さな会社がどのようにして三菱UFJ銀行の口座開設に一発口座開設出来たのか経緯を記しておきます。
これからメガバンクの法人口座開設を考えている方の参考になれば幸いです。

三菱UFJの法人口座開設に向けて準備した事

まずはHPから法人口座開設申請する。

まずは三菱UFJ銀行のHPから事前申請をしなければなりません。
三菱UFJ銀行のHPをこちらをクリック!

メニューバーの法人のお客様をクリック!

HPが開いたら上部メニューバーの法人のお客様をクリックします。

右側のサイドメニューの関連情報の口座をひらくをクリック!

右側にある関連情報のボックス内にある口座を開くをクリック!

画面を少し下にスクロールしてサービス内容のご案内のボックスのご注意点の欄に【法人口座を開設されるお客様へ】をクリック!

すると法人口座開設に面接で聞かれることや、必要な書類などが書かれた下記のページが開きます。
ここ大切なのでよく読んでおきましょう。
特に赤い線を引いたところは銀行の方に自分の事業をキチンと説明できるようにしっかりと準備しておきましょう。

必要書類は、履歴事項全部証明書、印鑑証明(法人のもの)、公的な本人確認資料(免許でOK)
こちらは法務局などで準備しておいてください。

会社案内、製品、パンフレット、お取引様向けご提案書、見積書、注文書、仕様書など
きくおはここが一番大切だと思っております。
なぜなら銀行側にとっては、この会社は本当に信用できる会社なのか?
法人口座開設に本当にふさわしい会社なのかを判断する重要な部分になるからです。

下記が私が用意した資料です。

  • 履歴事項全部証明書、印鑑証明、公的な本人確認資料(運転免許)
  • 現在メインで事業用として使っている銀行口座
  • 過去に取引先(提携会社や仕入れ先など・・・)から会社宛てにもらった請求書
  • 取引先(ネットショップ)からの入金履歴
  • ネットショッピング上の会社の紹介ページと取り扱い商品ページ(会社のHPがなかった為)
  • 商品サンプル(自社が扱っている商品サンプル)

もし自分が銀行側の人間だったら、この会社を信用できると思われる資料を全部集めてみました。
これで無理なら諦めがつくというくらい資料を用意しました。


資料が準備出来たら事前申請へ

資料が揃ったらHPから事前受付へ進みます。
事前受付法人口座開設をクリック!
そこのページでいくつかの確認項目を確認して事前申請を申し込みます。
すると下記のようなメールが届きます。

資料が揃ったらあとは気合をいれて銀行へGO!

申し込み番号を控えて、一か月以内に三菱UFJ銀行に面談に行きます。
きくおは少しでも印象が良いようにスーツで行きました。
資料を沢山用意したので、銀行員さんも全てコピーをとるのが大変そうでしたが会社の実態についてはすぐ把握して下さり、とても和やかな雰囲気で面談が終わりました。

2日後に口座開設連絡!


金曜日の午前中に面談に行きましたが、次の月曜日には銀行から電話があり、口座開設出来るようになったので先日と同じ資料をもって銀行に来てくださいとの連絡を頂きました。
メガバンクの法人口座に一発開設出来たので本当に嬉しかったです。
これから開設を目指す方の参考になれば幸いです。