クパン地方の豚の燻製料理

2019年7月2日

ガッツリお肉を食べたくなったのでDEPOT GIMBOに行ってきました。
こちらはクパン料理、主に豚肉の燻製が有名です。
バリ島には本店と支店があるのですが、今回は空いている支店の方に行ってきました。

お店の外観
比較的新しい店なので店内はとても綺麗です。

いろんなセットがありますが、セットの肉は少し日本人には物足りない量なので、私はいつもメニュー右側のIGA/RUSUK BABI ASAP 1/2Kg(あばら骨付近の豚肉の燻製)を妻と2人でガッツリ食べています。

こぶし大の骨付き燻製肉が5つほどきました。

こちらの肉は燻製なので、他の店でよく食べるような豪快に肉を焼いて濃厚なバーベキューソースで味付けされたものではありません。
燻製されているのでスペアリブと比べると少しパサついている感じがしますが、肉本来が持っている味が味わえると思います。
豚肉のバーベキューソースの味に飽きた人にお勧めです。

Bunga papaya

付け合わせにBunga papaya直訳するとパパイヤの花ですが、花になる前のツボミを炒めたものです。
少し苦みがありますが、あまり他の店では食べられないので必ず注文します。

Jagung Bose

ジャグン・ボセ こちらもクパン料理でトウモロコシをココナッツミルクで炊いたお粥です。
妻はクパンの友人からこれを食べさせてもらってからハマっているようで、いつもこれを頼みます。
ちなみに私は白米派です。

※テーブルのサンバルは超辛いので使う時は気を付けて下さい。
辛さにかなり強い人だけお試し下さい。

二階席もあります。
トイレも手洗いもかなり綺麗なので安心して使用できます。

店内一階にはクーラーはないのですが、入り口が開放されて奥も開放されているので風通しがとても良いので意外と快適です。
ただ、道路沿いですので騒音やホコリなどを気にされる方はクーラーで扉のある本店の方に行かれるとよいかもしれません。

今回は二人でガッツリ肉を食べて227,700Rp(約1700~1800円)になりました。
バーベキューソースに飽きた方は一度お試し下さい。