大江戸温泉物語は海外早朝出発便の味方です。

大江戸温泉物語 日本のホテル
大江戸温泉物語

大江戸温泉物語入館ご優待割引 を利用する。

朝に空港を出発する方、いつもどうされていますか?
空港から距離がある方は出発2時間前に到着する為、まだ暗い明け方に家を出発したり、前の日に空港近郊のホテルに泊まったりと結構面倒ですよね。

ちょうどいい朝の時間帯の電車やバスがあればいいのですが、東京以外で早朝出発にちょうどいい時間帯の電車やバスは残念ながら見当たりません。

そんな時、前日から大江戸温泉に泊まって翌朝空港まで送ってくれる便利な優待割引があるんです。
ホテルに泊まるよりも安いし、日本で温泉の朝風呂につかって出発なんて最高ですよね!
今回、午前成田出発のフライトなので「大江戸温泉物語入館ご優待割引」を使ったのでレポートします。

気になるお値段は?

普通に大江戸温泉物語を利用しようとすると、入館料が下記のようになります。

最新の値段は大江戸温泉物語のこちらのHPをご覧ください。

例えば、大人1人で土曜日に入館して2,580円+深夜追加料金2,000円で入館料だけで4,580円かかります。
その料金と大江戸温泉から空港までのバス代も別途かかるので、正直正規料金だと安いビジネスホテルに泊まった方がお得です。

しかし「大江戸温泉物語入館ご優待割引」を使うと午後3時から入館という条件がありますが、入館料+成田空港までのバス代込みでたった2,670円のみ!
これめっちゃ安くないですか!?

しかも東京駅から大江戸温泉物語まで無料のシャトルバスが定期的にあるので、東京からはそれ以外のお金が発生しません。
なので安く、安心して朝空港に行きたい方は是非ご利用ください。

まずは京成バスのチケットを購入する。

実際に買ったチケットです。

こちらの 「大江戸温泉物語入館ご優待割引」 を使う為にはまず京成バスのチケットを購入する必要があります。
注意する点として、京成バスのHPには「東京駅発に限り、ご乗車2日前までの事前予約のみ適用となります。」とあるので遅くても2日前にはチケットを予約しておいてください。
私は京成バスのHPから直接電話でチケットを予約して、ローソンで発券しました。
京成バスのHP
このチケットがないと割引されないのでご注意ください。

東京駅から無料送迎バスで大江戸温泉へ

東京駅から無料送迎バスがります。

東京駅からの無料送迎バスの停留所は丸の内中央口から出て歩いて5分のところにあります。

東京駅から4本の無料巡回バスがあります。

東京から大江戸温泉物語まで無料の送迎バスが4本ありますのでそれを利用しました。
15時10分から東京発がありますので、大江戸温泉物語を存分に利用したい方はこの時間がおススメです。

ちょっと乗るのが恥ずかしいバスです

バスを待っていると結構大きな観光バスで迎えに来ます。
外装が派手なので正直乗るのがちょっと恥ずかしいですね。
前回乗ったときはマイクロバスだったので、曜日や時間によって変わるのかもしれません。

大江戸温泉物語へGO!

純和風の入り口で迎えてくれます。

いつ見ても純和風の迫力のある入り口です。
写真向かって右側(外)と入口を入って左側には大きなロッカーがあるので、スーツケースを持ってきても安心して保管できます。
今回、私たちは大きな荷物(大きなスーツケース1個、手荷物用のスーツケース2個、段ボール1個)はクレジットカードの特典で空港まで無料配送したので身軽でしたが、先回来た時は大きなスーツケース1個と手荷物用のスーツケース2個と手さげバック2個の重装備でしたが、ロッカー2つに無事収まりました。

土曜日の夕方だからか多くの家族連れと中国人と韓国人の観光客が沢山いました。
バスのチケットを見せてロッカーのカギをもらったら、館内着の浴衣を選びます。
男性用と女性用の浴衣の柄があるので、これを選ぶのも楽しみの一つです。

館内は食事所が沢山あり、その他にもヨーヨー釣り、駄菓子の売店など懐かしい日本の夏の夜市のような雰囲気が出ています。
外国人の友達を連れてきてあげると喜ぶと思いますよ。
土曜日の夜だからなのか吉本の芸人(レギュラー)のライブもありました。

足湯は外にあるので雨の日はお勧めしません。
夜になるとイルミネーションで綺麗ですが、気温が寒いとかなり体が冷えるので気を付けましょう。
岩盤浴は一度申し込めば何度入ってもOKなのでお勧めです。(一人1200円)
でもとても人気があるので入ったらすぐ申し込んでおきましょう。

大江戸温泉物語のHPより岩盤浴の写真

この日は土曜日で大変混雑していました。
館内も風呂もどこもかしこも混雑していました。
岩盤浴もすぐは混雑していて申し込めなかったのですが、5時半からは申し込めたのでしばし館内の混雑から離れられました。
岩盤浴ゾーンには春、夏、秋、冬という4つのゾーンがあり、メインは夏の岩盤浴で体を温めて暑くなったら秋の涼しいゾーンでマンガを読み、また体が冷えたら夏の岩盤浴へ・・・
これで体中の汗を流しながら3時間は混雑とは無縁の領域を満喫できるのでお勧めですよ♪

大江戸温泉物語のおすすめグルメ

キムチの味が好きなんです。

館内には多種多様なお店があり、料理を選ぶだけでも結構時間がかかるほどです。
その中でも私が好きなのは「はんみちょん」
隣国同士で色々問題がありますが、料理には国境がありません。
海外に行く前には一度は食べたいといつも思ってしまう味なんです。(個人差があります。)

はんみちょんのメニュー

御値段はだいたい800円から1,200円くらいのお値段です。
館内だからちょっと値段設定がお高めです。

チーズダッカルビは美味い!
チーズ石焼ビビンバも美味です。どちらも1280円になります。

どこで寝るの?

大江戸温泉物語のHPより休憩所の写真

館内の2Fには大きな休憩所があります。
テレビが付いたリクライニングシートで休むことができます。
男女兼用部屋と女性専用の部屋があるので、女性ひとりなら女性専用に行くことをお勧めします。
部屋は暗めですが電気がずっと点灯していますのでアイマスクやちょっとした顔にかけるタオルなどあるとよいかもしれません。
時々若い子たちや子供たちが騒々しいこともありますので、繊細な方、神経質な方は休めないかもしれませんので、お金を出して個室などを選ぶことも可能です。

休憩後は朝風呂を浴びてバスに乗り込むだけで成田空港まで連れて行ってくれます。
しかし、誰も起こしてくれないので、しっかりと目覚まし時計で起きるようにしましょう。

何も飲み食いしないで、岩盤浴にも入らなければとても安く過ごせる方法ですが、せっかくなのでちょっと温泉街に来た気分でお金を出して岩盤浴やグルメも楽しんでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました