どうなる今後のホテルのロングステイプラン

ホテル

日本でコロナ禍になってから本格的に始まったホテルのロングステイプラン
しかし最近では、だんだんコロナの問題が落ち着いてきて、全国旅行支援が広がると共に多くのホテルではロングステイプランが少なくなっているような気がします。

実際のところはどうなんでしょうか?
まずは現在消えてしまった幻のプランについてご紹介します。

以前僕のロングステイランキングでご紹介した東京DOMEホテルのDOME住むプラン、遊園地やスパなどが使えてとても面白そうなプランです。
値段も手頃なので是非利用したいプランでしたが、その後プランは延長せず、いつの間にか消えてしまいました。
面白そうなプランだっただけにとても残念です。

次は東京マリオットホテル30連泊の長期滞在型宿泊プラン
「30 Days Staycation(サーティ デイズ ステイケーション)」というプランがありました。

価格は1室1人の利用で43万5600円、2人で利用した場合は59万2900円とお値段はちょっと高いんですが、マリオットボンヴォイの会員なら一発でプラチナチャレンジ達成というメリットもありました。

僕もSPGカードを持っていたんで興味があったんですが、気がついたら募集が終わっていました。

今度はホテルのロングステイプラン史上最安プラン、横浜グランドインターコンチネンタルの31泊32日のマンスリーステイプラン。
これは破格の15万円という値段で泊まれたとても安いプランでした。
場所は横浜にはなるんですが、部屋が広いわりに値段がとても安いので泊まれた方はすごくラッキーだと思います。

もうこんな破格の値段でホテルにロングステイ出来るプランは現れないと思います。
もう少し値上げしてでもいいので、個人的にはまた復活して欲しいプランです。

最後はAPAホテル定額マンスリープラン全国100以上のアパホテルに泊まり放題で定額99,000円
こちらはどちらかというと独身者向けのプランです。
1人であちこち旅行しながらAPAホテルに泊まるにはとても良いプランだと思います。
ただ、2人になると値段が倍になるので、そうなるともっと広くていい他のホテルのプランもあるので、あくまで独身者にメリットのあるプランでしたが、たった2ヶ月の限定プランだったので、泊まれた方はかなり限られていたのではないでしょうか?

以上がコロナ禍に突如として現れては消えていった幻のプランでした。
また復活してくれる事を願います。

次は今はやっているけど、そろそろ終わりそうなロングステイプランのご紹介です。

まずは京王プラザホテルロングステイプラン、
京王プラザホテルのロングステイプランはこれまで2回利用させてもらいましたが、値段も安いわりに都心に泊まれるので、結構重宝しました。

京王プラザホテルはロングステイプランを始めて以来これまでずっと募集し続けていましたが、現在12月になっても来年の新しいロングステイプランの募集は何故かストップしています。

なので1月はロングステイで泊まれない可能性が非常に高いですし、もしかすると今後は一旦ロングステイプランを止めるのかもしれません。

次はグランドニッコー東京台場プレデンシャルデイ7日間、30日間プランこのプランはホテルの設備がいいのでとても魅力的なんですが、予約のシステム上、どうやっても30泊については取れないプランでした。

現在は30泊の募集のページがなくなり、7泊のみの募集だけがあらわれ、しかも1月以降の予約は全くできない状態なので、7泊のプランは継続するかもしれませんが、30泊のプランは無くなる方向で考えているのかもしれません。

一度はこのホテルで30泊滞在してみたかったので、個人的にはなんとか継続して欲しいプランです。

ヒルトンお台場、マンスリーレジデンス ODAIBA 30泊プランです。
こちらも同じお台場にあるホテルのロングステイプランです。
ヒルトンオナーズのメンバーの方にはポイントの面やラウンジの使用などかなり魅力的なプランだと思います。
しかし、現在サイトにはこちらのプランの予約ページはあるものの、全く予約できない状態になっています。

どのような理由で予約ができないのかわかりませんが、こちらのプランもそのうち縮小廃止するかもしれませんね。

最後は今後もロングステイプランを継続予定のホテル。

ホテルのロングステイプランの火付け役帝国ホテルのサービスアパートメントプラン

ホテル御三家の1つの帝国ホテルが長期滞在プランを発表して、当時はかなりニュースでも話題になリました。
こちらは2024年の3月31日までプランを発表していますし、まだまだサービスアパートメントも人気が高いホテルなのできっと続けてくれると思います。

次はホテルニューオータニこちらもホテル御三家の1つで、帝国ホテルのサービスアパートメントと比較されるホテルだけあって、長期滞在者用のスペースをしっかり用意してくれています。

YouTubeでホテルニューオータニのサービスアパートメントの動画が全くないので、もしかしたら、帝国ホテルより長期滞在で使う方は少ないのかもしれませんが、こちらもサービスアパートメントは継続予定となっています。

次は一度は泊まってみたいホテル新御三家の1つホテル椿山荘 東京の長期滞在プラン長期滞在プランの一番安い価格でも30泊93万円台と、値段が格段に上がりますが、高級ホテルとしてとても人気が高いホテルです。

こちらもホテルは部屋にキッチンや洗濯乾燥機などが備え付けられているので、今後もロングステイプランを続けてくれると思います。
機会があれば是非泊まってみたいホテルです。

次はこれまで何度も動画で取り上げてきたロイヤルパークホテルのロングステイプラン
こちらも2023年の3月までは継続してくれる予定です。
その後も継続するかどうなるかは、まだわかりませんが、個人的にはラウンジが利用できるプランとなって継続していただける事を願っています。

次は大阪でロングステイしたい方向けのリーガロイヤル大阪 長期滞在型宿泊プラン Home Hotel です。
こちらは、朝食ビュッフェが毎日食べ放題の朝食パスポートのサブスクが5万円であったり、長期滞在者向けの設備やプールなども完備されています。
お値段も1人だと最安で30泊18万、2人だと28万円で泊まることも可能です。
大阪をじっくり観光したり、ロングステイで利用したい方にはおすすめのプランです。
こちらも来年2023年の3月まで、まだ募集しています。

最後に、今はまだ募集していないのですが、今後に期待しているプランもご紹介します。

そのプランはこちらスターフライヤー移住需要見込み来年春にもサブスク導入へ
こちらはホテルの長期滞在プランではないのですが、とても面白い取り組みです。
4月から始まるようですが、現時点でまだ詳しい事は発表されていません。
ただ価格は20万円から40万円くらいになるといわれています。
宿泊先もまだわかりませんが、宿泊は北九州、いつでも飛行機に乗って東京に行けるのはとても便利です。
下手に神奈川県や埼玉、千葉など近隣の県から東京に行くよりも、交通費は安くなるかもしれません。

北九州は美味しい料理や特にラーメン店も多いので、タイミングが合えば、これは一度試してみたいです。

あとはこちらのニュース 東京ドーム、ホテルに滞在型アパート 周辺施設を再開発東京ドームホテルが今後2~3年で200億円程を投じてホテル客室の一部を長期滞在型サービス付きアパートメントに切り替えると書かれています。

東京ドームホテルか過去にDOME住むなど、スパや遊園地などを利用できるロングステイプランを行っている実績があるので、そのノウハウを活かしてきっと興味深いプランになるかと期待しています。
ただまだ2、3年後になりそうなので少し待つ必要があります。

今後、ホテルのロングステイプランの見通しについて

あくまで個人的な予想ですが、長期滞在者専用に従来の客室だった部分を、コミュニティスペースなどにリフォームした帝国ホテル、ホテルニューオータニ、椿山荘などはこのままコロナ禍が落ち着いてもプランは継続されるでしょうが、それ以外のホテルは現在のコロナの状況や、全国旅行支援の様子を見ながら、今後、部屋に空きが出るようになったらロングステイプランを再募集する方針になるのではと思っています。
海外在住者としては、沢山のホテルがいつでもロングステイプランを設けてくださると嬉しいのですが、ホテルも生き残りをかけているので、これは仕方ないですよね。

今後、消えていくロングステイプランもありそうですが、新しく面白いプランを出してくるホテルやサブスクなどもありますので、これからもホテルのロングステイプランに注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました